×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マッスルトレーナーでウォーキングダイエット

現在、最も注目されているウォーキングシューズとしてマッスルトレーナーというのは、ダイエット商品として大変注目されています。
ダイエットをサポートする為の効率を追求しているマッスルトレーナは、ダイエッターには必見の商品です。
ウォーキングすることにより、同時に筋肉強化を目的とした商品なのです。
マッスルトレーナー使ってウォーキングすると普通のウォーキングシューズやスニーカーを履くよりも、マッスルトレーナーを使うことにより効率よく脂肪燃焼が期待できます。
つまり、ダイエットサポートアイテムとしてのシェイプアップ効果を抜群に発揮します。
マッスルトレーナーを使用して毎日のウォーキングをすること。
マッスルトレーナーには、問題視されているメタボッリックシンドロームの予防や、生活習慣病の予防になることが期待されています。
毎日30分ほどのウォーキングをするだけでマッスルトレーナーは、体脂肪率に変化があるとされています。
特徴はその重さにあります。
マッスルトレーナーは、男性用では約1400g、女性用では約1200gとなっています。
普通のシューズを履くよりも、圧倒的に効率の良いダイエットや筋力強化に期待を持つことができます。

マッスルトレーナーと基礎代謝

運動時に利用されるエネルギー源は、基本的な栄養素は主に糖質・脂質・蛋白質の三大栄養素です。
運動中など体を動かすのに必要なエネルギーは、運動の仕方によって変わってきます。
筋力を鍛えることなどを目的とした無酸素運動のエネルギー源は、主に糖質と脂質もエネルギー源として使われます。
逆に、ウォーキングや水泳などの有酸素運動に使われるエネルギー源は脂肪です。
結果、ダイエットには有酸素運動を行う方が効率的な方法になるわけです。
基礎代謝とは、普段に生活するにおいて消費されるエネルギーのことです。
マッスルトレーナーを履いてウォーキングをすることで、通常の靴よりも効率的に有酸素運動が行えますので、エネルギー消費量が上がります。
また、トレーニングを続けてくことで体重あたりの基礎代謝量が高まります。
有酸素運動を効率よくできているかどうかの目安として、着目したいのが心拍数と酸素摂取量なのです。
マッスルトレーナーは通常のシューズよりも3倍〜4倍の重さがあります。
ですから、同じ運動量でも、心拍数・酸素摂取量が約24.9パーセントも上がるのです。
通常のシューズで運動するよりも脂肪を消費する効率が抜群に良いということが分かりますね。

マッスルトレーナーのウォーキング効果

一般的なマッスルトレーナーとウォーキングシューズとでまったく同じ条件で30分のウォーキングをしてみました。
これはマッスルトレーナーのモニター調査で行われたものです。
すると、マッスルトレーナを履いた歩行の有酸素運動による酸素摂取量の変化をみたところ、有酸素運動の有効性が確認されたのでした。
体の筋肉の内側である、赤筋に働きかけるのがマッスルトレーナーの特徴です。
筋肉といっても私たちの体の筋肉は2種類あり、赤筋と白筋で構成されています。
白筋を鍛えるには、思い器具を短時間で使用することにより発達します。
赤筋を鍛えるには約1〜2kgの比較的軽めな器具を使用し、繰り返しの運動で発達します。
例をあげると、負担の軽い筋力トレーニングやウォーキングなどの有酸素運動です。
太さとして、赤筋によりも白筋の方が細めです。
主に筋肉の内側のことを指します。
白筋が多い体系がボディービルダーです。
そして、赤筋が多く発達しているのがしなやかな肉体をもつマラソン選手のような体型です。
というわけで、スリムで美しいボディーラインを作り出すことを目指すのでしたら、マッスルトレーナーでウォーキングすることが有効です。

Copyright © 2007 マッスルトレーナーのウォーキングダイエット効果